2016年9月18日日曜日

八ヶ岳にリヨンのビストロがやってきた「BUGABOO」


我が家は、基本魚食+野菜食+お酒がメイン。

ステーキや焼肉なんか、5年に一度行くかどうか・・
そんな僕ですが、以前からどうしても行ってみたい肉系の
ビストロがこちら・・「ビストロバカブー」さん@小淵沢


八ヶ岳南麓の小淵沢に昨年OPENしたフレンチビストロです。
銀座の有名ビストロで腕を振るったシェフさんが、なんとこの山梨で
開業してくれるとは・・嬉しいですね。山つながりのおかげ??




休日の13:00お店は満席?(@@;隅のテーブルが一席空いてました。
本日のランチから、迷った末に(僕)富士桜ポークのソテー/焦がしバター
(ツレ)自家製コーンビーフとズッキーニのキッシュをオーダー。


前菜は、それぞれ自家製シャルキュトリー盛り合わせと超モロコシ冷静スープ。
食後にホットコーヒーのセットです。鴨肉のコンフィも捨てがたかったのですが・・
まあ初めてなので、舌試しということで・・・常設メニューを選択です。
9月とは思えない暑さに店内の室温も高め(**;エアコンが少々追いつかない)



店内のチョーク画の八ヶ岳?を鑑賞しつつ、程なく2種の前菜が登場。


☆シャルキュトリー盛り合わせ:これ楽し美味し!シェフの肉への造詣が知れます。


☆超モロコシ冷製スープ:これ参りました。モノホンのトウモロコシを超えてます。
前菜の出来の素晴らしさから期待が膨らむ中、続いてメイン登場。


✩富士桜ポークのソテー:しっかり焼きあとのついたポークは厚手ながら肉の旨さ満載、
酸味が思いのほかアッサリを演出するバターソースと素晴らしいコラボです。


✩コーンビーフ&ズッキーニキッシュ:外はパリパリで中はフンワリ。ボリューム良し。



料理全体が、最低限の調味料を活かして、優しく造り上げられている感じで、
良い意味で予想を裏切りました。
雑にスルーしている部分がまず見つからないことが素晴らしい(^^)b
まるでフランスの山麓の田舎町でランチしてる。そんな錯覚さえ覚えてしまう・・
なんとも秀逸なビストロです。

次は・・今日なかった豚モツのナヴァランか鴨肉のコンフィか。。楽しみ(~~;

(了)

0 件のコメント:

コメントを投稿