2016年6月12日日曜日

富士の樹林に抱かれた中華「蓮」で、Lightweightなランチの後に中ノ茶屋ウォーク (^^)w


うずらや詣の後、思い付きで歴史漂う中ノ茶屋周辺を散策に・・

となれば、ガッツリ中華ランチで腹ごしらえか。。。




こちらの中華レストラン「蓮」(REN)さん訪問は、多分8年ぶりくらいかな。



国道からチョット富士山側に登った閑静な森のなかにあります。
12:00前に到着すると・・すでに店内(テーブル)は一杯(@@;スゴ!
運良く残り1席に滑り込みセーフ(~~;)客層は、年齢高めですね。





CP良さ気のランチから、麻婆豆腐定食(僕)と担々麺(ツレ)をオーダー。
担々麺が820円で、麻婆豆腐定食が780円??チョット引っかかるけど・・


店内は、新しくはないけど落ちつく空間で、中華食堂というより洋食屋さん
の趣です。BGMもJAZZでしたし・・ジモの常連さんも多そうなお店です。




ボケ~と待つこと10分ほどで料理が登場。個人的好物の麻婆豆腐をガプリ!
先ずは、絹豆腐と挽肉のバランスが良い。そして後から適度な辛味と山椒のパンチ。


これはBoxingに例えれば、ヘビー級ではなくライト級のランカーのような味わい。
個性という点においては、特に秀でたものはありませんが、麻婆豆腐の其々の要素を
高いバランスで成し得ていると感じます。要は・・好みで美味いわけで(笑)


ツレの担々麺も同様で、胡麻の甘さとラー油の辛さが品よく一体となった一品でした。



火と油の荒々しい中華ではなく、日本人ナイズしたチャイナレストランの中華
としては、十分満足いくレベルのお店で、客の年齢層が割りかし高めなのも頷けます。
以前は横浜中華街でご商売されていたそうですが、霊峰富士に抱かれて、
穏やかに完熟したのかもしれません。そんなことを考えつつ・・満足の完食(^^)v




さあ、カロリー消費に中ノ茶屋ウォーキングで一汗流すかぁ。。。


宝永4年(1707年)創業の歴史ある茶屋も2013年に
再建されて、今や立派な茶屋としてハイカーを迎えてます。

(吉田のうどんも食せるんだって・・)



周辺の富士講登山を色濃く残す歴史の礎たち・・・
古の老若男女が、心に願いを抱えて登った富士の嶺。


茶屋から暫し15分ほど歩くも、馬返しもツツジ群生地まで至らず。
満腹と救心(?)のため断念して引き返すとするか・・(ーー;
次回はチョット気合入れて、5合目まで登ってみようかな~。


帰路にパインズパークの芝生広場でバタンコ!(左下は??)

きっもちい~~ね (o~~0)

(了)


0 件のコメント:

コメントを投稿