2018年2月18日日曜日

雪の富士に誘われて、富士宮で富士見うどん(おー富士3)

朝霧高原からの紺碧に映える雪の富士を堪能し、
久しぶりのY酒店@富士宮に美味しいお酒の買い出しへ。


富士宮と言えば、誰もが知ってる全国区B級グルメ
富士宮焼きそばの街。油かすのコクと魚粉の旨味、
そして何よりあの独特の歯ごたえの麺がサイコー。
なのは十分承知の上ではあるが、諸事情により、
本日のランチは・・讃岐うどんの「富士見うどん」
リーズナブルでジモに愛されている庶民の味方です。


観光地である駅周辺を離れ、生活道路を富士市方面に
進むと小泉の集落にお店が見えてきます。


店舗は、表入り口と裏入り口のリバーシブル型で、
それぞれに駐車場があるので、駐車位置で入り口が
決まります。写真は裏口です(裏が好きなんで・)


店内に入り、中程の食券機でかけ(2玉)340円を
購入。併せて、気になっていた桜えび天200円も・・
通常の天ぷら100円は作り置きですが、桜えび天だけは
注文の都度おばちゃんが揚げてくれるのでお薦めです。


15分ほど待って、おばちゃんに呼ばれてカウンターで
うどんと桜えび天を受取り、セルフのかけ汁マシンから、
なみなみと汁を濯ぎ、ネギと天かすをトッピングして
準備完了です(^^)b セルフは讃岐うどんの醍醐味です。



此方のかけ汁は、関西風で綺麗に澄んでいてとっても秀逸。
塩気も優しく、グビグビいただけるのが良いですね。
反面、うどんがチョットやわでしたので、もう少し湯で時間
を短めにしてほしかったかな~。偶々かもしれませんけど・・


桜えび天は、揚げたてに塩を振っての登場。カリッと齧ると
桜えびの風味が立ち上がって美味しい。200円と思えば、
十分満足のいく出来上がりがと思います。半分齧ってから、
残りをうどんに投入して、桜えび天うどんで2度美味しい(~~)


休日の14時過ぎでしたので、他のお客さんも2組2名で、
のんびりゆったり食事できましたが、平日のお昼は仕事飯で
きっと混むだろうな~。山梨にも欲しいうどん屋さんです。


(了)

0 件のコメント:

コメントを投稿