2018年3月16日金曜日

「而今」と「神雷」 : 無濾過も良いが低アルも・・・

「過去に囚われず、未来に囚われず、
今をただ精一杯に生きる」

という大西杜氏の言葉で表現される「而今」
久しぶり(1年ぶりかな?)に堪能 😋


「而今」特別純米無濾過生/富山県産五百万石60%精米


「而今」の中でも比較的ポピュラーでCPも高く、
普段使いもできるお酒。1300円/720mlくらい。


前回は同じスペックの火入れをいただいたけど、
チョット物足りなかった・・なんか普通のお酒だったし。

今回の無濾過は、まだ若々しさが十分残っていて、
ガツンはないけど、味の濃くないアテと合わせて、
春らしくいただくことで楽しめたよ (^^)b

でも・・以前ほどの感動がないのは何故だろう?
造りが変わったのか、僕の好みが変わってきたのか??
まあ、毎年の米や酵母発酵や、それこそ天候次第で
大きく出来の変わる日本酒だから、それも織り込み済みか。


もう一つ変わり種のご紹介(~~)


「神雷」純米じゅうさん・と 広島県産八反錦65%精米

ここ3年ほどのお気に入り「神雷」の新作・・
というか・・遊び心満載の低アル酒(13%)
三輪杜氏自ら描き下ろした酒場で酒を思い思いに
酌み交わす13人ののんべ~のイラストが楽しい。



アル13度のせいか、「神雷」にしては軽い口当たりで、
おとなしい感があるが、こちらも春らしい葉物野菜なんか
良く合いそうである。お薦めは、スナップエンドウ(^^)

とまあ~脈略もなく書き綴ったけど、お酒の造りも
年々多種多彩になってきて、毎年毎年新しい出会いが
あるって、本当に幸せなことで・・・(~~)w

全国で頑張ってる蔵に心より感謝!感謝!!


(了)





0 件のコメント:

コメントを投稿