2018年1月8日月曜日

元祖で・総本家のがんこな一杯!分店でも一条侮りがたし!!

数年前にBMしておいた一条流がんこラーメン@相模原市
程なく閉店してしまい、思いは途切れたままに・・(;;)
そんな折に、圏央道相模原IC近くのショッピングモールに
新規一転「元祖一条流がんこ総本家分店」(なげ~な~)
として開店したとの情報を得て、満を持して訪問してきました。



スーパー、ドラッグストア、はたまたサイゼまであるショッピング
モールですから、駐車場の心配がないのが先ずは嬉しいです。
サイゼの裏側(北側)にらーめんのノボリを見つけました。


ガラス張りの開放的な店内は、カウンター中心ですが、そこそこ
席数があるので、時間をずらせばそれほど待ちは無いかも・・
入り口左手で食券を購入して、ソフティな店員さんに手渡し。
今回は初訪なので、シンプル且つ怖いもの見たさでオーダーです。


◆正油(バラ)がんこ+わんたん=1,000円


◆塩の青唐辛痛麺(5辛)=900円


正油スープは、薄っすらと鶏油がオンした綺麗な味わいで、
がんこと言うほどの濃さは感じませんでしたが、飲み進めると
徐々に舌に塩気が練り込まれていく感じが心地よいです。
秀逸は、黄色みのかかった麺。のど越し最高!スープとの相性も
良く、完成度の極めて高い一杯。生姜の効いたわんたん(5個)も
ボリューム感をプラスして、満足度を高めてくれます(オススメ)


青唐辛痛麺の辛さは1~10で選択可能、お薦めは3辛とのこと
でしたが、チャレンジ精神(怖いもの見たさ)で5辛チョイス(@@)
透き通った淡麗なビジュアルからは、激辛は微塵も感じさせません。
が・・!スープを一口いただけば。。キ~~ンと青唐辛子の辛味!
おお!今はなき「さの屋」の青唐辛子らーめんを彷彿させます(笑)
更に辛さ追加したい場合用に、刻み青唐辛子を用意してくれるのは
心憎いサービスです。終盤にちょこっと正油にも投入しましたが、
瞬時に舌に1万ボルトの電流が・・これは半端ないですよ。。
デフォの唐辛子エキスは綺麗な辛さ、後足しの刻み唐辛子は荒々しい
辛さでしたので、3辛チョイスに追加で3匙なんてのも面白そうです。


移転前のお店は、会員制とか私語とか禁止事項とか・・硬派なイメージ
だったようですが、新店はとってもフレンドリーで感じもよく、
良い意味でチョット拍子抜け(笑)総本家の弟さんの店主も明るくお声を
掛けていただき、気持ちよく「美味しかったで~す」と退店(~~)
またまた相模原に名店が生まれたことに感謝!感謝!!


(了)


0 件のコメント:

コメントを投稿