2018年1月28日日曜日

厳冬期の八ケ岳も・・夏とは違った楽しさがあるよね(^o^) b

夏には牧場が広がり、草原を撫でる風に涼を感じる八ケ岳。
そんな高原の避暑地でも、冬の顔は当然違うわけで・・
そんな厳冬期の八ケ岳南麓をワンデイぶら旅で友と周遊してみました。

先ずは腹ごしらえに「マウンテン*マウンテン」


その名の通り山々に囲まれた多国籍カフェ。甲斐駒ケ岳が神々しい。
ランチからチョットお疲れ気味の僕らが元気アップに選んだのは・・


グリーンカレーแกงเขียวหวาน):ゲーンキャオワーン

いつもより少しマイルド気味で甘めだったけど、
いつもの通りにお腹の炉に火が入った感じ。
グリーンカレーは薬膳料理というのが、僕の信条ですから。

続いて向かった夏シーズンのベタな観光メッカ「清泉寮」


ポール・ラッシュ博士と共に迎えてくれたのが・・・


おっきな氷のリーフ (👀) はじめ人間ギャートルズみたい(古)


因みに、ちっちゃな氷のリーフも樹々を飾ってます。


氷点下の雪原(牧場なんだけど)でひとしきり冬を楽しんだら、
冷え切った躰にオーガニックHotCoffeeで暖を注入。。😁




本日は、朝10時の清里駅前の気温がマイナス8.3℃なんで
寒得を使って260円→130円の50%OFF(寒得バンザイ)
期間中にあと何回50%OFF利用できるかなぁ~。(~~)

しかし老体にマイナス気温はやっぱり響くのう・・


で~冬陽も傾いてきたので、〆のお楽しみの露天風呂にゆっくり
浸かって夕日に燃える八ケ岳を堪能してから帰路につきました。。

八ケ岳は、春夏秋冬を通じていつでも楽しめるスポット。
特に厳冬期は、寒得も含めて新しい発見がいっぱいのお気に入り。


(了)




0 件のコメント:

コメントを投稿