2016年10月16日日曜日

隠れ家的な無添加讃岐うどん「せんや」@甲府市(^^)v


甲府市の西のはずれに、化学調味料などとは
全く無縁の、素材にこだわるうどん屋さんが
あるとWebの噂で知る。なんでも讃岐風とか・・
ある秋晴れの日に、用事がてら出かけてみた。




知らない人は、100%行き着かない路地の奥、
近くを中央線が走り抜けるなかなかのロケーション。
店は民家をリノベーションした造りで、暖簾がなければ
誰がうどん屋さんと判ろうか(~~;

13:30前でほぼ満席(といっても和室にテーブル4席)
チョット狭目の2人席に案内される。個室も手前にあるよう。
シャレオツではあるが、テーブル間にもう少しゆとりが欲しい。
メニューをめくって、悩んだ挙句に発注したのは・・

きんぴら肉うどん(つけ)&ねばとろうどん(ぶっかけ)


先ずはサラダバーを案内される。振り返ると・・・
大皿にキャベツ・レタス・人参・ほうれん草・水菜などなど、
クルトンやフライドガーリックまで(**)b
ドレッシングは、醤油ベースと胡麻ベースで、もちろんお手製。
思わず2回おかわり・・これ結構お得感あると思う。


待つこと20分ほどで、茹でたてのうどんが到着。


✩きんぴら肉うどん=国産和牛が柔らかくて・きんぴらとの
 黄金コンビ完成。モチモチうどんと醤油より出汁の味が強い
 つけ汁で啜ればうどんとはかけ離れた満足感が漂う。
 きんぴら下に隠されたお揚げは・・美味しいけど蛇足かな~。


✩ねばとろうどん=名前のとおりネバネバオールスターうどん。
  納豆・とろろ・オクラなどをまぜこぜして出汁をぶっ掛けて食す。
なぜかタマゴの天ぷらが付いてくるのが不思議な一品。

主力のうどんはモチモチで美味しい。欲を言えばもう少しエッジ
が立っているとさらに良い。出汁は、流石に拘るだけあり素晴らしい。
今回は、変化球から入ってしまったので、次回は暖かいかけうどんで、
うどん本体と出汁のハーモニーをシンプル楽しみたい。

(了)

0 件のコメント:

コメントを投稿