2017年1月9日月曜日

「みつ蔵」 待ちに待っても、また貴方はきっと来るのだろう (^^)w

(序章)

たかが蕎麦、されど蕎麦・・・

とは言え、長時間並ぶのは性に合わないし・・・

ここは降雪(大雪注意報)の日を狙っての訪問といくか。

まあ、所謂「一閑人作戦」とでも言っておく。(笑)

思い起こせば3年前の秋、ビーナスラインを走っていて

目にした蕎麦屋にあふれる車と人の波(@@;;

人気店とは耳にしていたが、まさかこれほどとは(~~;

以来、頑なに我が家を拒絶してきた「みつ蔵」
その秘めたる力を白日の下に晒す日がやってくるとは・・



(本編)

今にも泣き出しそうな空の下、13:30到着する。

外気温は0℃、降雪は間違いない気温だ。

流石の「みつ蔵」もこの天気で待ちは・・

と思った僕の浅はかさが、今となっては滑稽である。



先客5組 待ちおよそ1時間弱(++;)

エアコンの効いた待合スペースでスマホで時間つぶし。

ツレのご機嫌が、みるみる下降していくのを尻目に、

ここが我慢のしどころとじっと耐える僕。。

結局50分強の待ちの末に、やっと、本当にやっと入店。

席数が少ないのと、場所柄ノンビリ食事するので、

回転が遅いのが長待ちの原因なのだと身をもって知った。

14時半近いのに、まだ続々と来店者が待合場所に押し寄せる。

そば茶で乾いた喉を湿らせて、お品書きをチェックして、

ドライながらきっぷの良いおばちゃん店員さんにオーダー。




2色そば(本日はゆず切り&せいろ)1200円

せいろ(普通で2枚)1000円

玉子焼き(ハーフ)500円/お品書きに価格表示なし

窓の外は、いつの間にか蓼科山から落ちてきた雪が巻いている。



(終章)

先程まで斜め65度に傾いていたツレの機嫌が、見事に平らに・・

それも水平器で綿密に測ったが如く。。(**)b

それほどに極めて高質な蕎麦だった(ふ~~)耐え抜いて良かった。




変わりそばの際立つ柚子の香りの清廉さ、せいろの王道を貫く威風堂々。




針の穴を通す辛汁のど真ん中直球!「みつ蔵」見事なり!!!




更にハーフとは思えない十分すぎる玉子焼きのとろける至福の味わい(~~;


待ちに待ったことを、一口目で忘却の彼方にぶん投げてしまうその力量。

おばちゃんの「今日は比較的空いているんだよ」という言葉も、もはや

本降りとなった雪空に静かに消えていくのみ。



(了)




0 件のコメント:

コメントを投稿