2013年8月18日日曜日

八ヶ岳の森に抱かれて、京都INODA珈琲が香る 「Cafe OTONO」

八ヶ岳の水は旨い!!と自信を持って言える。
その水から作る珈琲もまた旨いのは必然なのである。。。

そんな八ヶ岳カフェの中でも、世の珈琲好きに一目置かれているのが
「CAFE OTONO」。。 京都の老舗イノダコーヒーの真髄を伝えるカフェ。




京都から移り住んだ住居の左半分がカフェとなっていて、店内はカウンター
のみ。(小さなテーブル席も一つ有るが、実用的ではないので・・)


ご主人の乙野氏が、一杯一杯丁寧に入れる珈琲を目当てにやってくる常連
は多い。というより、常連がほとんどかもしれない・・・


好みのブレンドを選んだら、口頭でオーダー。大きな窓から見える緑の森を
眺めていると、香ばしい香りが鼻をくすぐる。。。(~~;;


ご主人が、カップ一杯づつ落とす珈琲は、イノダコーヒーと同じカップで配膳されるが、
もちろんエンブレムは「OTONO」が誇らしげに描かれている。

それぞれの好みに合ったブランドが用意されているので、色々試してみるのも楽しいだろう。
因みに、我家ではジャーマンブレンドが一番人気だった。(深煎りが好きなんだよね)

チョット残念だったのは、作業中の衝撃音かな。
ポットを置く音、グラスのぶつかる音、スプーンのガチャガチャなどなど。
混んでくると、しょうがないのかもしれないけど、雰囲気を楽しみにくる方も多いと思うので・・

そんなこんなもあり、気を使うのでカウンター席は、苦手なんだけどね。。



日差しが入って、失敗したので、思い切ってモノクロに変換してみたけど・・やっぱ変だな。。







0 件のコメント:

コメントを投稿