2017年3月12日日曜日

加賀の酒はうまか~ 能登杜氏の世界(^^)w 

加賀の酒との付き合いは古く、25年ほど前に
菊姫や加賀鳶に感動して以来の付き合いである☝

しかし、最近は美味しいお酒が全国に出現し続け(嬉しい悲鳴)、
東北から九州まで、まんべんなく呑み連ね、加賀酒がご無沙汰気味。

たまには選択と集中するのも良いかと・・・

先ずは・



その名の通りに「先一杯」

菊姫最強のCPを誇るお酒で、兵庫県産特A山田錦を使った
このスペックと品質で、この価格は類を見ない(**)v

ここからは、レアな能登杜氏の世界へ・・



能登の輪島市にある白藤酒造店が醸すお酒「奥能登の白菊」

家族経営の小さな蔵ながら、その実力は全国に知れ渡る(かも?)
仄かな甘さを感じるドッシリとした造りが特徴的なお酒。。

次なるは・・・



此方も能登の地酒「竹葉」@数馬酒造

若手社長が率いる能登町の数馬酒造さんは、新しいチャレンジの蔵。
酒質は割りと軽めだが、流石に港町の酒・刺し身などと相性が抜群!

さらにさらに・・・・



池月@鳥屋酒造から「みなもにうかぶ月」あらばしり

金沢の居酒屋では人気の池月だが、その流通量の少なさから、
関東ではめったに見かけることのない稀少酒。キレと果実香が特徴的。

まとめ・・・・

今回は、加賀の菊姫を呼び酒に、能登半島の酒を楽しんできたが、
共通するのは、どれも小さな酒蔵の大きな思いの籠もったお酒であること。
さいはての地にあって、厳しい自然の中で受け継がれた酒造りの技。
そして、それを伝承しつつも新たにイノベイトしていく若い力(^^)

だからこそ・・・・・

能登杜氏・最高!加賀の菊酒・最高!! (~~)b


(了)








0 件のコメント:

コメントを投稿