2017年3月23日木曜日

自分探し@さいはて_其の参:輪島の力に接して思うこと

内灘の穏やかな海と温泉にすっかり現を抜かし、
能登の本質を見てこなかった我が身に、外灘の
厳しい自然は、畏怖さえ感じるものだった (==;

震える心を癒やすのは・・やっぱココしかない (笑)


赤ちょうちんが目印の山海川料理「なるせ」さん

地物の刺盛り
いしるの貝焼き
いかのゴロ焼き
赤がれいの一夜干し
そして・・肝心の輪島の地酒たち
ご近所の2つの酒蔵のお酒を用意
もはや言うことなく、記憶もなく夜は更けていく(単に呑み過ぎ:爆)


替わって翌朝。輪島の朝といえば・・・


生憎の天気ですが、輪島のオバハンはそんなことお構いなし(^^;
こうてって~~パワーにタジタジ・・銀杏こうて~のばあちゃんがカワイ。


「まれ」で有名な赤い橋を渡る頃には青空も顔を出す。
この天気の移り変わりもまた、北陸能登の特長だ。


向かった先は、我が家の定番酒「奥能登の白菊」を醸す白藤酒造さん。
この佇まいを見るだけで、歴史ある能登酒を育んできたことが理解る。
酒造りで忙しい中だったが、事前にお願いして蔵見学させてもらう。


ちょうど今年最後の蒸しが終わったとのこと・・ご苦労様でしたぁ。
小さな蔵を支える蔵人さんが、以外に若者が多くて嬉しい感じ(^^)b
皆さん、脇目も振らずにせっせと働いてました。お邪魔さんでした。


発泡にごり酒の爆発話で大受けだった大女将さん、
お世話になりました。いつまでも美味しいお酒造りを・・

厳しい自然の中にあって、この地に根を張って生きている人々。
そこには、何か特別な力・・言うなれば輪島力のようなものを感じた。
そういえば、名横綱の輪島も強かったし・・左上手投げ~(~~;

去りがたい輪島を後にして・・進路は南へ。。


ヤセの断崖では、暴風と暴雨で痩せる思いを・・(笑)


名勝巌門では、一転晴天の下、波に足を濡らし・・(笑)

いよいよ加賀百万石の都「金沢」へ進撃!


(了)





0 件のコメント:

コメントを投稿